BITPOINT(ビットポイント)ならMT4で分析できる

ビットコインが急騰しており、
ニュースで賑わっていますね。

「いつまた急落するのか??」

という思いが皆さんあるかと思います。

一方で、
「そうは言っても、マダマダ上がりそうだな」
というのもあろうかと思います。

「で、どうなんだ??」

というのが本音かと。

個人的には、
『BitFlyerで初めてのビットコイン取引』
で紹介したように初めてビットコインのポジションを持ち、
指値をパラパラと撒いて放置していました。

butflyer口座開設ネタは、以下の記事を参照下さい。
・ビットコインが投資から決済手段へ:ビックカメラでも
・bitFlyer(ビットフライヤー)からのハガキ

初めてポジションを持った後、レートが下がっていたのですが、
その後はグイグイと上がっていたようです。

最近は、『急騰』という表現がピッタリの状態ですよね~。

自分は少額しか投入していないのですが、口座の状況としては、
評価益含めると3倍に迫ろうかという勢いです。
(ビットコインは、購入しているだけで、決済はしていません)

長く持っている人、小さくないポジションの方々は
きっとニンマリかと(笑)。

2017年10月5日時点での口座状況を紹介しましょう。

指値が約定しておらず、口座の半分が日本円です。

そして、初回入金額の1万円と同等の10,421円となっています。

それが・・・。

はい、2017年12月8日現在、約2万8千円と3倍になろうかという勢いです。
こういう状況なので、10倍とかは珍しくない話なんでしょうね~。

ただ、個人的にはイケイケになるつもりはありません。

決済手段としては、活用していきたいですが、
トレード対象とする場合にどこまで踏み込むか
決めきれていないのです。

基本的には、現在のレートよりも下に指値を撒いておいて、
約定したらひたすら持っておくというのが現状の戦略です。

その場合でも、bitflyerのWEB上で普段活用している
ボリンジャーバンドを1組のラインしかチャート上に表示できないので、
指値のレートはかなりザックリとした決め方になっています。

ナゼこんなに使いにくい状態(仕様)のものをリリースしているのか
不思議です・・・。

ということで、やはりビットコイン/円(BTC/JPY)のチャートを
MT4上で見たいというのが人情ってものです(笑)

で、登場したがBITPOINT(ビットポイント)です。
実際にどのように取引に使うかは未定ですが、
口座開設をしてチャートを見ることができるようにしておかないと
話は始まりません。

ということで、サクッと開設してみました。
で、早速チャートを表示させています。

左端上が週足、左端下が日足、中央が4時間足、右側が1時間足です。
そして、それぞれにスパンモデルスペシャルを表示させています。
そうです、マーフィーさんのスパンモデルとスーパーボリンジャーを
重ねて表示させています。

FXはFX MISSION ZEROに則ってトレードしているのですが、
今後の収益機会拡大を狙い、スパンモデルスペシャルを
H4より短い足のチャートで適用しようと再び学習中なのです。

で、マーフィーさんの動画コーチングでBITPOINTが紹介されていた
ので、自分も開設してみた、と。

次に、気配値表示です。

以前、
「ビットコインってスプレッド広いよなぁ~」
というのがトレード対象として見れない理由の一つだった
のですが、これはスゴイことになっていますねぇ~。
1万円超えてるし。

では、bitFlyerはどうかといえば、少しタイミングがずれていますが、
ほぼ千円程度です。

当然、スプレッドは狭いに越したこと無いですが、
MT4使えるというのは大きな、そして稀有な光る魅力です。
自動売買するなら、MT4ってことになるでしょうし。

ということで、暫くはbitFlyerで「たま~~~に」
トレードするにあたり、BITPOINTのMT4チャートを
参照するという形にする予定です。

とは言っても、スプレッドだけでなく、レートも小さくない差
があるので、せっかくMT4で分析するなら、
そのままBITPOINTでトレードしたいところです。

ん~~~、悩ましい。

2018年は、2017年よりはビットコインのトレードに
使う時間を増やす予定です。

2017年は、利益を確定すると、確定申告にビットコイン分も
申告しないといけない、というのがデメリットになると考え、
決済していません。

大きくない額の申告に貴重な時間を使うのは回避したいので。
(雑所得になるらしいというのは調べたのですが、
具体的にどう提出するかに戸惑って時間を使うのは避けたい)

2018年は、そういったことを抜きに、ほどほどにトレードする
予定です。

BITPOINTの口座開設は、FX口座同様にWEB上でほぼ完結します。
封書を受け取ることでMT4にログインできるようになる
ので、郵送に要する期間は待たされることになります。
口座開設手続き自体は簡単なので、年末の忙しい時期ではありますが、
サクッと手続きしておくほうが良いですね、開設するなら。

bitFlyerも、ハガキを受け取る必要があるので、やはりその分の
日数を要します。
とはいえ、bitFlyerは開設までがスピーディーだったという印象が
あります。

で、ビットコインはFXと異なり土日もトレードできるので、
スキマ時間にMT4で確認することができるので、個人的には
嬉しいです。
あ、のめり込まないようにしないといけませんが。

ということで、ビットコインを機能的なチャートで分析するには、
MT4が使えるBITPOINTの一択。

ちなみに、
『口座開設&入金』で『3千円相当のビットコインプレゼント』
というキャンペーンと、
『入金手数料相当のビットコインキャッシュバックキャンペーン』
が実施されています。

どちらも、ビットコインがプレゼントされるというものです。

『口座開設&入金』で『3千円相当のビットコインプレゼント』の
詳細は、以下をご確認下さい。
(通常の画像なので、リンクにはなっていません)

上記のキャンペーンを知らずに口座開設していたのですが、
せっかくのキャンペーンなので、入金もソッコーでしておきました(笑)

『入金手数料相当のビットコインキャッシュバックキャンペーン』
は、2017年12月15日16時までなので、未だ開設が済んでいない場合には
厳しいですね。

管理人は、こちらも条件を満たしているので、
来週と年明け1月中旬を楽しみにしておきたいと思います。

MT4を使うにはBITPOINTが良いですが、
取引量No1など安心感を求めるならbitFlyerでしょうかね~。
管理人も、少額ながら(笑)活用中です。
bitFlyer 口座開設
bitFlyer 口座開設
bitFlyer 口座開設?|?fx-on.com

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
またのご訪問を心よりお待ちしております。

ブログランキング参加中です。
いつも応援ありがとうございます!!
にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村


FXシステムトレード ブログランキングへ






 投資やトレードをする時に真っ先に読んで欲しい
投資、トレードに関する本は数多あります。
その中でも、特に初心者の方には是非とも 最初に読んでいただきたいです。
内容はモチロンですが、特典も、先々の 「成功トレーダー入口」として活用して下さい。

海外口座でトレードするなら、裁量も自動売買もキャッシュバックサービスを 使用しないのは損です。 キャッシュバックサービスについて は、コチラを ご覧下さい。
正しい「投資マインド」を身につけるきっかけに!!
有料メルマガ&掲示板 FXインテリジェンスNEW EAGLE FLY

有料メルマガ&掲示板  FXインテリジェンスNEW EAGLE FLY

コメントを残す