パラダイスへ案内07|Beatrice-07

Beatrice-ADX01をひょんなことから
知り、未だEAとして発売される前から
ウズウズしていたのを思い出します。
梅雨の時期でしたかねぇ。

そんなBeatrice-ADX01を稼働開始し、
開始直後は絶好調で、ウキウキでしたが、
その後は停滞期に入っております。
最近、バージョンアップされたので、
その効果にも期待しましょう。

また、月曜、火曜の調子は良いが、
水曜、木曜の結果がイマイチということもあり、
稼動を月曜、火曜のみとしてみることにしました。
これ、バックテストでも自分のフォワードでも
同様の傾向となります。

この曜日毎の稼動対応、今は手動ですが、そのうち
便利なツールが使えるようになることを期待しています。

さて、そんな傾向を同様にもつ姉妹?EAがあります。
その名も
Beatrice-07
です。

fx-onのランキングでも、しばらくの間、上位の常連さんなので、
目にしている方、実際に稼動している方が多いと思います。
フォワードの結果を見ていると、強く興味をそそられますよねぇ。

CCI、ATR、Accelerator/Deceleratorを使用するということで、
adX-01とはキャラが異なるようです。
とは言え、トレード結果(収益)が大きく異るということも無さそうですが。

また、本EAの最大ポジション数は4になっています。
が、変更することが可能です。
なので、例えば2千通貨分を本EAに運用資金として割り当てるのであれば、
ポジション数を8でLOT設定を千通貨とするようなことも可能です。

このへん、バックテスト結果を参照しながら、御自身の運用方針により
判断/設定することが可能です。
自分は、そのようにして運用しています。
もっとも、そのようなことをしなくても、デフォルト設定で問題無いと
思いますし、下手に変更しない方が無難ではあります。
なので、自分も推奨はしません。

さて、自身の運用です。
新規導入EAは、一定期間デモ口座で様子を見るということにしていますが、
本EAは、ADX-01で実績があるEAの姉妹EAということもあり、
いきなりの実戦投入です。

最近、軒並みEAが調子を落とす中で、フォワードで好調を維持している
というのもその理由の一つです。
他のEAで、デモで不具合の有無、最近の相場との相性を見て、OKと判断して
稼動したのに調子悪い・・・ということがあったので。
(ま、運用開始タイミングがベストでは無かっただけで、運用は継続しています)
ちなみに、春以降に稼動開始した中では、Morning_Limitedは健闘して
くれています。
このEAは、多通貨ペアへの対応を期待できるので、長い目でその対応を
待つことにしています。

と、記事を書きながら、運用中のEA一覧を更新していなかったのに
気づきました(汗)
いくつも稼動EAを増やしている一方、口座残高が減少したのに伴い、
一時停止したEAもあるので、順次更新します。

Beatrice-07の運用は、OANDA(両建て可能なプロ口座)とします。
・最大ポジション数をデフォルトから変更
・稼動は、月曜と火曜のみ
ということにします。
これらは、今後変更するかもしれません。
上で書いたように、ADX01も月曜と火曜のみの稼動とすることにしました。

さあ、それが吉とでるでしょうか!!
(ADX01のリアル口座、バックテスト、07のバックテストでは裏付けがあります)
長期でどうかは、未確認です。

CCI、ATR、Accelerator/Deceleratorを使用しトレンドの発生を判断
Beatrice-07
Beatrice-07 | fx-on.com

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
記事にしたいEAがいくつもあるので、順次作成するようにします。
またのご訪問を心よりお待ちしております。

ブログランキング参加中です。
いつも応援ありがとうございます!!
にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村


FXシステムトレード ブログランキングへ






 投資やトレードをする時に真っ先に読んで欲しい
投資、トレードに関する本は数多あります。
その中でも、特に初心者の方には是非とも 最初に読んでいただきたいです。
内容はモチロンですが、特典も、先々の 「成功トレーダー入口」として活用して下さい。

海外口座でトレードするなら、裁量も自動売買もキャッシュバックサービスを 使用しないのは損です。 キャッシュバックサービスについて は、コチラを ご覧下さい。
正しい「投資マインド」を身につけるきっかけに!!
有料メルマガ&掲示板 FXインテリジェンスNEW EAGLE FLY

有料メルマガ&掲示板  FXインテリジェンスNEW EAGLE FLY

コメントを残す