FXMZ短期(日足)トレード_2017年4月LIONFX口座

裁量トレードを
FXMZに則って実行し、
短期トレードにて
2016年の年間損益を
プラスで終えることが
できました。

ここで言う短期トレードとは、主に日足のチャートを観察した
結果トレードするものです。

2017年は、中期(週足)と短期を同じ口座(Dukascopy)で
実行することとしていましたが、やはり分けておいた方が
トレードしやすいという判断をしました。

口座を昨年の状態に戻すと決めてから実行するまでに時間を
要しましたが、4月20日からLION FXにて短期(日足)トレードを
実行しています。

10日程度と短期間でしたが、プラスの損益となり、再スタートとしては
まずまずといったところです。

そして、昨年は、FXMZの掲示板で、主宰者であるけんさんが
使っておられるトレード記録用エクセルファイルに入力して
いましたが、結果の記入がおざなりになっていたので、
きっちりとしてトレード結果の集計(解析)はできていませんでした。

そこを改善すべく、トレード結果をきちと入力できればよいのですが、
時間との兼ね合いもあるので、一定期間毎に結果を集計することと
しました。

基本的に、週に1回実行することとして、以下のようなエクセル表
作成することにしました。

表の一番右側の列は、自分で解析用に数式を入力していますが、それ以外は
LION FXのトレードツールからCSV形式で出力させたものです。

シートを月毎に分けて編集をしていくことで月毎に結果を
集計していく予定です。

2016年分については、既に作成しました。
で、それを簡単なグラフにしてみました。

まずは、勝率と「月間」損益との関係です。
横軸が月間損益[円](数値を消しています)、縦軸が勝率[%]です。
縦軸と横軸を逆にすべきでしたね・・・。

勝率だけを追い求めても利益にはつながらないものの、
ある一定の勝率となっていないと月間での損益が
プラスにはならないのだと改めて確認できました。
結果的に、60-70%程度の勝率となっている
トレードができていると、損益がプラスになるようです。
あ、あくまでも自分がFXMZで裁量トレードした場合の例ですが。

次にトレード回数と月間損益の関係です。
ま、ここはあまり気にしても仕方無さそうです。

最後に、月間損益と期待利益の関係です。
やはり、利益は大きく、損失は小さくということでのバランスと、
程よい勝率が望ましいということになるようです。
期待利益がプラスで無いと、月間の損益もプラスにはならない
というのは言うまでもありませんね。

ここで、さらにはFXMZの1から10の勝ちパターン別の解析
してみたいところですが、解析に堪えうるデータが無いので
今後の課題とします。

今後のトレードとしては、やはり基本通りFXMZの勝ちパターンにだけ
則ったトレードを粛々と短時間で実行していくということを目指します。

長期(月足)、中期(週足)、短期(日足)でそれぞれ口座を分け
毎日のチャート観察を通じて結果として勝ちパターンにハマる
ものを淡々とトレードする、というのを継続します。
で、上記エクセルファイルですが、特典というほど大したものでは
無いのですが、今後の参考とするためという位置づけで特典とさせて
いただきます。

対象は、当ブログ経由で以下のものを購入もしくは申込をして
いただいた場合とさせていただきます。
★FX MISSION ZERO COMPLEAT MANUAL購入



★LION FX口座開設申込後に「1万通貨以上の取引」

特典をご希望の方で、上記対象の方は、ブログ上部の「コンタクト」から
ご連絡下さい。
その際、以下の情報をご記入下さい。
・お名前
・購入(申込)年月日、時間

購入や申込の確認が出来ましたら、メールへの返信時にエクセルファイルを
添付させていただきます。

上のエクセルファイルですが、文字通り簡単な内容ですので、
御自身で作成するのは簡単なことですし、トレード結果の解析を
やっていないという方は、ぜひ参考にして御自身で実行してみて下さい。

トレードで、未だ思うような結果が得られていないという場合には、
即効性は無い
かもしれませんが、少し先のトレードが変化していくという
期待できます。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
またのご訪問を心よりお待ちしております。